歌詞

根雪

財津和夫

作詞
財津和夫
作曲
財津和夫

曇った窓を手でこすれば

夜の隙間におちる雪

君が来るまで 降り続けば

根雪となって ゆくだろうか


待ちくたびれて 僕はいつか

窓を開けて 君を待っている

冷たい雪だけど

二人のこれからの 愛を積み上げる

根雪になって欲しい


街灯の下に わざわざと

立って笑顔を振る君よ

白い吐息をみせながら

雪の帽子を振り落とす


君を抱く僕は やがて いつか

君との未来を想っている

やわらかな雪だけど

朝まで降り続けば

きっと二人の愛を積み上げる

根雪になるだろう

提供: うたまっぷ