歌詞

しおり

Aqua Timez

作詞
太志
作曲
太志

川沿いに伸びる小道を抜け あの時計台まであと少し

口笛が下手なあなたに コツを教えたのもこの辺り


思い出を飾る額縁なんて 燃やしてしまおうと決めてから

もう地球は何周目だ


そよ風の帰り道 決まって夕方五時

駅前の時計台 そこで待ち合わせる

二分半遅刻して 小走りで駆け寄って来るあなたを抱きしめた

遥か遠い日の夕暮れ


あれこれと悩んではみたものの 答えらしい答えは見つかりません

「約束」なんて通り過ぎるそよ風に 未来を縫い付けようとすることで…


流れて消えると知ってからなのか

綺麗な景色はいつの日も 少しだけ悲しいんだ


窓際に飾る花 穏やかな昼下がり

こんなにもありふれた素晴らしい日常

「今」を生きようと言うその隙に 「今」が逃げてゆくことを

僕たちは時の流れに教わった


You&I…


駅前の時計台 あと二分半したら

寄り添って歩き出す二人がいたのになぁ

一人鳴らす足音 悲しくなんかない

心が明日に向かうには 時間がかかるけど


そよ風の帰り道 あなたは今日その瞳に

何を映し 何を想い 何を望んだの

幸せのありかなど 僕にはわからない

ただこの空を見て想う 「今日もあなたが好きでした」

提供: うたまっぷ