歌詞

爪先

オレスカバンド

作詞
たえさん
作曲
いかす

マニキュア塗った 5本指を着飾った

そして輝いたのはなんと自分自身だった

感応とは金魚のよう またそれを

声ととろう 返らない音などない


伸びていく平行線 隣はくり返し

美化され劣化されるらしい

鍵のかかった その先の足元に

広がっていく距離は手で繋げる


そして今日も

君の訳のわからない横文字を

左で何回もなぞっている


目が開いた 瞬間のその人は

君の爪 ナニ色に染めるの?


暖かい取っ手 錆びてしまったようだ

誰の水からなのか 見えるのはブルーの果て

追いかけると逃げてしまうオレンジ

雨のにおい カラフルな虹繋げる


そして今も

謎の暗号を必死で汚している

でもこの荷重では どうガンバッテみても


目を閉じて 見ぬフリで 君の上で

君の中この空は 廻るもの


君の爪 カメレオン模様の

5本指 あぁどうかはがれないで

君とならどこまでも行けるわ

提供: うたまっぷ