歌詞

過去からの手紙

薬師丸ひろ子

作詞
竹内まりや
作曲
井上大輔

"君を忘れきれずにいたんだよ ずっと

できることならもう一度

ふたりやりなおしたい"


置き去りにしたはずの 悲しく遠い日々

胸によみがえる

癖のある文字が 微笑み誘うわ

気持ちとは うらはらに

あれから 幾つもの 季節だけが 過ぎて

心閉ざしひとり生きてきたの


やっと忘れた頃に

届いた彼の手紙

ごめんなさいね

素直に喜ぶには

少し遅すぎる


淋しさに 耐えかねて

ダイアル 回す手が

何故か 震えてる

このまま あの日へ

戻れそうなほど

懐かしい 彼の声


わざと明るく ふるまう私を

二度とたずねて来ないでと

受話器 置いた

長くせつない別れ

言葉じゃうめられない

元気でいてね

いつの日か 偶然に

めぐり逢えるまで…

提供: うたまっぷ