歌詞

船がくるぞ

森田童子

作詞
森田童子
作曲
森田童子

ネェ君

寒い夜の海を泳いで

みませんか

息がハッハッ つまりそうだ

体ジンジン しびれる

時々燈台のひかりが

ぼくを照らしてくれる

ぼくは

孤独に

クロール クロール


ネェ君

遠く霧笛が聞こえ

ませんか

大きな旅客船くるぞ

船の上で 誰か 手をふっている

クリスマスツリーのよう

キーラキラキラ 目がくらむ

ぼくは

水にもぐって

クロール クロール

「語り」

ああ

なんて 明るいんだ!

まるで


夏休みの

臨海学校の

新しい

シーツをかぶった時みたいだ


ネェ君

夏の海へ行って

みませんか

船がぼくを越えてゆく

明るいクラクラ目が痛い

ここは夏の昼下り

砂浜も遠くも見えるぞ

ばくは

夏に向かって

クロール クロール


ネェ君

去年の海へ行って

みませんか

君が浜辺にねそべって

ぼくはサングラスをとる

浜ナスの花も咲いてる

ああ とても暑いネ

ぼくは

きみとならんでーェ

クロール クロール

「語り」

ああ

なんて 暗いんだ!

ぼくは

ずっとひとりで

夜を歩いていたのですネ


ネェ君

夏の海が動いて

ゆくヨ

船が旋回しているヨ

まるで夕立雲みたい

夜と昼が二つに割れて

夜にとり残された

ぼくは

孤独に

クロール クロール

「語り」

ああ これで真暗です

提供: うたまっぷ