歌詞

カルミア

山口由子

作詞
山口由子
作曲
山口由子

彼女を見た 髪を切った

よりそうように あなたがいて

薄紅色の カルミアが

2人の行方 てらしてた


記念日には 花を買って

大好きだった あなたがいて

鏡にうつる カルミアも

もうすぐ咲く 頃だった


彼女とあなたと私で

はしゃぎあった夏の日

カルミアの花が揺れていた

優しい陽射しの中で…


いつの間にか 時がたって

落としてきた 忘れ物に

気づいたような 夏色の

哀しいくらい 蒼い空


呼びすてにすればあの日に

戻れる気がしていた

声をかけること出来なかった

泣くことさえ出来ずに…


彼女とあなたと私で

はしゃぎあった夏の日

カルミアの花が揺れていた

まぶしい陽射しの中で

みんなみんな思い出

キレイねと言って笑った

彼女をずっと見てた

あの日と同じ目で

あなたは・・・・ラララ

哀しいくらい晴れた

空を見上げながら…

提供: うたまっぷ