歌詞

ランチェロ'58

GRAPEVINE

作詞
田中和将
作曲
亀井亨

太陽は真上 さあもう滑走路へ

そんな真っ白な夢見た


感情の投影 細胞の遠吠え

いつか俺にも羽をくれないか


探していたものでさえ 今

容易く忘れてしまえそう


砂漠の物件 フォードランチェロは

意外と簡単に見つかりそうでも


最低条件 最上の楽園で

天使がきっと俺を待ってんだ


届きそうな気になれたんだ 今

悲しそうなフリをしただけ

体の中の予感も ただ

照らし続ける太陽のそばへ


きみのもとへ

砂埃はずっと君を遠ざける


探していたものでさえ 今

メキシコの空もテレビで

悲しさも嘘も詐瞞も ただ

照らし続ける太陽のそばへ

提供: うたまっぷ