歌詞

星空の Spica

田村ゆかり

作詞
椎名可憐
作曲
太田雅友

終わりのない夢を紡ぐ 幾千もの夜を越えて

祈りのように旅は続く 導いていつの日も ちいさな宝石よ

星空のスピカ


白い砂 風に舞い 灼熱の大地を 通り過ぎた

地平線越えて刻む どこまでもつながる かすかな足跡


不安のループを 振り払う瞳に映る

真夜中の太陽 真夏のオリオン 今どこかで きみの声が聞こえた


曇りのないこのこころを 遥か照らす青い星よ

どんなときも歩きだせる 遠く近くきらめき 見守ってくれるの

胸の奥にあふれるのは 涙よりも愛にしたい

祈りのように旅は続く 導いていつの日も ちいさな宝石よ

星空のスピカ


絹糸のような髪に 降り注ぐ砂さえ 拭いもしないで

蜃気楼揺れて かき鳴らす胸のビオラよ

静寂のフォルテ クレシェンドの月 いま確かに 生まれてるものがある


私だけをみつめていて 青い星よ きみのように

胸の闇をそっと照らす 遠く近いきらめき 信じて抱きしめる

終わりのない夢を紡ぐ 幾千もの夜を越えて

祈りのように旅は続く きみに会える時まで 輝き続けるわ

この胸のスピカ


情熱の嵐 想いのさざ波

ただ会いたくて ただせつなくて 愛しさが奇蹟を奇蹟を起こしてゆくわ


きみに続く長い道を 遥か照らす青い星よ

どんなときも歩きだせる 遠く近くきらめき 見守ってくれるの

あの輝き見上げるたび 愛が胸にあふれてゆく

祈りのように旅は続く 導いていつの日も ちいさな宝石よ

星空のスピカ

提供: うたまっぷ