歌詞

スピードにのって

Something ELse

作詞
伊藤大介
作曲
伊藤大介

高速を下り車線走る 街を飛び越す

車いっぱいに響く仲間の声


すっと計画してた海

なんで 僕だけが運転

君と 隣で目が合う

いいんじゃない!?


スピードはスピードにのって ゆるいカーブをすり抜けてく

スウィートなメロディーにのって

君が笑ってるミラー越し

みんなは気づかない

窓を開けて潮風が通り抜けた


パラソルもサンダルもなくて

どうしようなんて

最後のパーキングに寄って買ってかなきゃ

冷えた缶ビールおいしそう

僕と君だけウーロン茶

それも なんとなく それとなく

いいんじゃない!?


太陽は高く昇って 君はまた外ばっかり見てる

今だけは時が止まって

君が笑ってるミラー越し

一番大事なもの

こんな綺麗な君は誰にも譲れない


焼けたボンネットの上に 大きな雲の影が映る

カーブを曲がればビーチが見えるよ


スカートが水着になって

砂混じりのまま飛びこんだ

忘れない夏になるよ

君に出会えた季節だから

はしゃぐ高い声で

「こんな夏は初めて!」


スピードはスピードにのって 揺れる波間に飛びこんでく

スマートなラインになって

君がまた僕に振り返る

一番大事なもの

こんな綺麗な君は誰にも譲れない

提供: うたまっぷ