歌詞

モニー・モニー・モニー

STANCE PUNKS

作詞
TSURU
作曲
TSURU

ドアの外は全部嘘さ 何だか息苦しいから

世界中の時計の針 少し進めて笑ってた

真夜中に飛び起きたなら ピカピカのブーツで行くぜ

あいつらが目を覚ますから 壁の向こうに気を付けろ


何かが崩れてく音に 胸がはり裂けそうだけど

君の両手は何でもつかめるさ

一人ぼっちで震えてた 夜に抱かれて眠ってた

だけど僕ら悲しい歌は もう聞き飽きたところさ


モニー・モニー・モニー 君は君だけの自由を ナイフで切り裂いていくんだろう

モニー・モニー・モニー もう二度と振り向くな 覚めない夢をずっと見ているよ


悲しみは数えきれないけど そのたびに愚かさを知り

笑い飛ばして生きていく 誰もが傷をしょったまま

無抵抗の日々は続き そこに座り込んでいても

結局何も変わらない 自分が動き出さなけりゃ


この世に生まれた理由など ずっと誰にも分からない

それは不確かで美しすぎるんだ

とっくにイカれているから 声をはり上げて歌うよ

明日には笑えるように 全部ぶっ飛んじまえって


モニー・モニー・モニー あの娘が好きだった歌を 今夜も口ずさんでくれないか

モニー・モニー・モニー 格好いい捨て台詞 そんな奴らにずっと憧れてる


覚めない夢をずっと見て

僕らいつまでもここに立ってるさ

提供: うたまっぷ