歌詞

終りの季節

高野寛+原田郁子

作詞
細野晴臣
作曲
細野晴臣

扉の陰で 息を殺した

かすかな言葉は さようなら

6時発の 貨物列車が

窓の彼方で ガタゴト

朝焼けが 燃えているので

窓から 招き入れると

笑いながら 入りこんで来て

暗い顔を 紅く染める

それで 救われる気持


今頃は 終りの季節

つぶやく言葉は さようなら

6時起きの あいつの顔が

窓の彼方で チラチラ

朝焼けが 燃えているので

窓から 招き入れると

笑いながら 入りこんで来て

暗い顔を紅く染める

それで 救われる気持

提供: うたまっぷ