歌詞

谷村新司

作詞
谷村新司
作曲
谷村新司

汽車の窓辺に 寄り添う人を

遠くから見つめてる 声もかけないまま

張り裂ける胸 抱きしめながら

死ぬことの代わりにも 人は旅をする


永遠に 散ることない 花を

人は 愛してくれるでしょうか

やさしい雨に打たれて 落ちる

儚さ故 人は 愛するのでしょう


惜別の 時心静かに

振り返るその肩に やさしい春の雨

ほほを流れる 涙こらえず

思い出の尽きるまで 佇めばいい


永遠に 散ることのない 花を

人は愛してくれるでしょうか

やさしい雨に 打たれて落ちる

儚さ故 人は愛するのでしょう


花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに舞う

花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに散る


花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに舞う

花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに散る


花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに舞う

花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに散る


花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに舞う

花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに散る

提供: うたまっぷ