歌詞

HALLUCINATION

Angelo

作詞
キリト
作曲
キリト

冷たく突き刺さる少し懐かしい風 肌が覚えている貴方を思い出す

光が交錯する波に揺れる面影 忘れたころにそっと貴方を映し出す


長いような一瞬の屈折する残像は そっと微笑みながら二人を引き離す


指の隙間を逃げて落ちる 砂のように崩れていく記憶のように


どこまで歩いていけば触れられるの 優しく見守るような幻覚の夢

どれだけ影を殺せばたどり着くの 夜明けと共に消えていく 貴方の影に


このままここでずっと夢を見ていたかった

だけど朝は無情に明日を見せつける


瞬きのような儚い夢 いつの日か笑いながら話せるだろうか


どこまで歩いていけば触れられるの 優しく見守るような幻覚の夢

どれだけ影を殺せばたどり着くの 夜明けと共に消えていく貴方の影に


瞬きのような儚い夢 いつの日か笑いながら唄えるだろうか


どこまで歩いていけば触れられるの 優しく笑いかけるな幻覚の夢

どれだけ影を殺せばたどり着くの 夜明けと共に消えていく貴方の影に

提供: うたまっぷ