歌詞

ロクデナシの空に

STANCE PUNKS

作詞
TSURU
作曲
TSURU

何かが変わりそうな気がした 色褪せてくこの世界で

たった一つそれだけでいい 明日の事もかえりみず


ドアを蹴りとばし吐き捨てた 理由は無いけれどここから逃げたかった

従い続けるだけならば この世に生きてる甲斐がねぇんだよ

ちくしょう鈍い痛みがはしり 薄くなっていく意識の中で

くり返し叫び続けてた 決して心が折れないように


ひどく腫れた真っ赤な顔を 沈む夕日も真っ赤に染め

歪んだ世界に透きとおる 一瞬の真実


たとえ馬鹿にされたって クソな世の中にコビは売らない

ロクデナシの空の真下でただ 破れた服で鼻をすすってる


死にたいくらい辛い時も 僕らは一人きりじゃないよ

きっと乗り越えていけるだろう そのたびに強くなりながら


遠く離れてくあの日の僕は 色褪せて消えていくこの世界で

何にも変わらずに笑い続けてる 遠く離れてく僕を追いかけて


時間は何くわぬそぶりで僕らを 少しずつ大人に変えていくけれど

会いたくなったらいつでも会えるさ 僕ら君を忘れはしないから


君は最後まで必死で叫んでた もう届かないよそれでも手をふって

がむしゃらに叫んだ僕の声は 風に飛ばされてパチンと弾けた


ロクデナシの空の真下で君は 永遠に空を見上げてる


ロクデナシの空に君は

提供: うたまっぷ