歌詞

SHADOW PLAY

BRAHMAN

作詞
TOSHI-LOW
作曲
BRAHMAN

日のそう高く熱く沈むような

その性 深く先を妬み継ぐ

身をそう硬く難く剥がすように

消えかけた火を灯す


閉ざしかけた背

影を誰と解ろう

胸に刻む時と記す

傷と片さず


ただそう強く瞳打たすような

身の差詰める祈り提げて

またそう傾く他を枯らす程

寄せ掛かる我を知る


響き消える兆しを

一人眺める

掠れ切った後を駆ける

千切れ行くのに


非風に肩を下げずとも

押される流れ気付き待つ

目を反らす並べ出る

突き刺した苦と共に


残る意識をさあ

何と語ろう

有無の溶ける陽射し浴びる

解の無きまま


開きかけた手

影を誰と解ろう

胸に刻む時と記す

傷と片さず

提供: うたまっぷ