歌詞

Negative

平井堅

作詞
平井堅
作曲
平井堅/ジョーリノイエ

どれだけ好きだと言えば君は満たされるのだろう

あの頃は恋している自分を愛してた

季節を引きずり回し君を抱きしめる度に

黙ったままの素肌に深い傷を付けた


君の心の行方が気になりだして

僕からかける電話の数を減らした

思い通りに動かぬ恋だったけど

動かない思い出だけ食べて生きる


「本当の私を見て」と叫んだ

細い腕が初めて悲しく見えた


どうしても消せない君を憎んだこともあった

それでも思い出す度昔の僕になる

つまらない毎日だなって今を嘆くときでも

気付けば濡れた睫毛に心が傾くよ


あれから月日は経ち僕は変わった

とは言っても昔より臆病なだけ

適度な優しさとか夜の数とか

器用になることだけで男をはかる


腑抜けな鏡に願(おも)いがよぎる

"強く、そして優しい男になりたい"


どれだけ好きだと言えば君は満たされるのだろう

あの頃は恋している自分を愛してた

元気にしていることは それとなく聞いているよ

目覚まし時計一つで僕は起きれるから

1日女々しく浸り思い出噛みしめたら

情けない男もここで 扉を開けてみよう

提供: うたまっぷ