歌詞

太陽の破片

岡村靖幸

作詞
YUTAKA OZAKI
作曲
YUTAKA OZAKI

昨晩 眠れずに 失望と戦った

君が 悲しく見える 街が悲しいから

昨晩 一晩中 欲望と戦った

君を包むもの全てが 僕を壊すから


すり変ってゆく 現実との はざまに描いた夢が

愛を傷つける 暮しはただ 街明りに照らされ

何を信じるの どこへ向かうの 僕の手も握らずに

消えるのは何故


誰も手をさしのべず 何かにおびえるなら

自由 平和 そして 愛を何で示すのか

だから 一晩中 絶望と戦った

僕はただ 清らかな 愛を信じている


目をつぶってみる 涙がほら 渇くまでの間に

忘れられるさ 破れた約束の前で 人はいつも

偽りつづける だけど 君を もう欲望の果てにただ

奪われたくはない


君を守りたい 悲しみ こぼれぬよう

あわれみが 今希望の内に生まれるよう

もし君が 暗闇に光を求めるなら

ごらん 僕を 太陽の破片が 頬をつたう


昨晩 眠れずに

昨晩 眠れずに

提供: うたまっぷ