歌詞

ダンスホール

Cocco

作詞
YUTAKA OZAKI
作曲
YUTAKA OZAKI

安いダンスホールは たくさんの人だかり

陽気な色と音楽と煙草の煙りにまかれてた

ギュウギュウづめのダンスホール

しゃれた小さなステップ

はしゃいで踊りつづけてる おまえを見つけた


子猫のような奴で なまいきな奴

小粋なドラ猫ってとこだよ

おまえはずっと踊ったね


気どって水割り飲みほして

慣れた手つきで 火をつける

気のきいた 流行文句(はやりもんく)だけに

おまえは小さく うなづいた

次の水割り手にして

訳もないのに 乾杯

こんなものよと 微笑んだのは

たしかに つくり笑いさ


少し酔ったおまえは 考えこんでいた

夢見る娘ってとこだよ

決して目覚めたくないんだろう


あたい グレはじめたのは ほんの些細なことなの

彼がいかれていたし でも本当はあたいの性分ね

学校はやめたわ 今は働いているわ

長いスカートひきずってた のんびり気分じゃないわね

少し酔ったみたいね しゃべり過ぎてしまったわ


けど 金がすべてじゃないなんて

きれいには言えないわ


夕べの 口説き文句も忘れちまって

今夜もさがしに行くのかい

寂しい影 落としながら


あくせくする毎日に 疲れたんだね

俺の胸で眠るがいい

そうさおまえは孤独なダンサー

提供: うたまっぷ