歌詞

ガジュマルの木

モンゴル800

作詞
上江洌清作
作曲
MONGOL800

あなたに捧ぐこのうた

思い出は琥珀色の日

陽炎に揺れる夏の日

永遠が続けばいいな


古ぼけた記憶を辿り

あやふやな日々にさようなら

夕暮れにこの身をまかせ

瞬間に忠実なだけ


気が付けば時は過ぎ行き

足早に変わる街並み

一人占め記憶の中に思い出の風


ガジュマルの木 切り倒してまで作る道はない

僕らの行く末に何が残る

固い頭と固い地面で 何を切り開こう ガジュマルの木


より深く より広く強く 優しさの根を伸ばしましょう

目に見えぬ優しさの根は この星を抱く

提供: うたまっぷ