歌詞

夏への羨望

河口恭吾

作詞
河口京吾
作曲
河口京吾

槍ヶ先の交差点5時半の空は桃色から蒼へのグラデーション

"REDEMPTION SONG"聴こえる店先ひやかせば今年最初の湿った風


夕闇に濃くなるのは

思い出とシナモンの香り


もうすぐまた夏が始まって

海だ花火だ恋だって

焼けた肌 汗と甘い匂いに

また惑わされたくって


もうすぐまた夏が始まって

海だ花火だ恋だって

焼けた肌 汗と甘い匂いに

また惑わされたくって


八幡通り抜けて246は渋滞 今日もテールライトの赤い川

神宮の花火が見えるってホテルの部屋の明かりを見上げてる


カーラジオが伝えてる

今週の天気と梅雨明けを


もうすぐまた夏が始まって

海だ花火だ恋だって

懲りずにまた夢中になって

いつの間にか過ぎ去って


強い日差しにヤラれ浮かれて

苦い思い出さえ甘い

焼けた肌 汗と甘い匂いが

いまとても懐かしくて


もうすぐまた夏が始まって

海だ花火だ恋だって

焼けた肌 汗と甘い匂いに

また惑わされたくって


もうすぐまた夏が始まって

海だ花火だ恋だって

焼けた肌 汗と甘い匂いに

また惑わされたくって

提供: うたまっぷ