歌詞

走り出す季節

redballoon

作詞
村屋光二
作曲
村屋光二

走り出す春が 忘れてた 僕らの記憶蘇らせる

あの頃のままでいたいから 淡く切ない想いはまだ胸に…


まぶしい日差しが春を告げる 君の住む街にはこんなにも 風が舞い上がる

遠く遠く感じる この距離じゃない 心の距離縮めて


二人の願いはいつからか ずっと僕だけの物に

それでも二人でいたいのは弱さとかじゃない 大切な想い


何度季節が変わっていっても 君のことを忘れることは出来ない

寄りかかってた 愛のぬくもりは 切なく僕の胸に残る

この風と儚き想い


この場所でしばらく待ってた あの日の待ち合わせと重ねる 君はもう来ないのに

そっと僕の肩 舞い落ちる花びらに 二人を感じた


あの頃のままでいたいから 淡く切ない想いはまだ胸に…


そっと瞳を閉じれば君が すぐ側で笑いかけてる気がしてる

もっと君の手 暖めれるなら これ以上何も望まないよ

これからもずっと忘れない


何度季節が変わっていっても 君のことを忘れることは出来ない

寄りかかってた 愛のぬくもりは 切なく僕の胸に残る

この風と儚き想い

これからもずっと愛してる

提供: うたまっぷ