歌詞

鉛の花

KEMURI

作詞
伊藤ふみお
作曲
南英紀

心も踵も斜めに磨り減って

濡らすは涙か? 冷たい汗なのか?

はなうた滲む西の空へ

鉛の花 二発撃ち込め!

昨日と明日射抜け!二度とはない今をいけ!


痛みも誓いも引く波彼方へと

抱えた大空 埋めたその顔に

諦め冷めたその心に

鉛の花 二発撃ち込め!

昨日と明日射抜け!二度とこない今をいけ!


飛び出せ輪の外へ!恐れずに夢を追え!

酷く 辛く 暗い道でこそ発火して!

意味などは後ろからついてくる!


悔やむ心に油かけて燃やせ!

鉛の花 二発撃ち込め!

昨日と明日射抜け!二度とはない今をいけ!


二度とはない今 一度きり間際

飛び込め向こう側ただ…

鉛の花 心に込め 進め一人きり恐れず…

提供: うたまっぷ