歌詞

風のオートバイ

真島昌利

作詞
真島昌利
作曲
真島昌利

嵐の中で抱きあって

これが最後じゃないのかと

いつもそんなせつなさで

ぎりぎりのキスをしよう


錨を上げて帆をはって

冷たい雨にうたれても

夢がついに破れても

この旅は終わらないよ


だからもう涙をふいて

だからもう怖がらないで

よくみてみればわかる

たいしたことでもねぇ


消えてゆくのはまぼろしか

なにかとても大切な

忘れ物をしたような

この気持ちくすぶってる


どこにも落ち着かないで

どこにもたどり着かない

風のオートバイに乗って

虹の彼方までさぁ

提供: うたまっぷ