歌詞

Allegro Cantabile

SUEMITSU&THE SUEMITH

作詞
SUEMITSU atsushi
作曲
SUEMITSU atsushi

88の場面の中に散らばった音掻き集めた手

言葉にならない思い並べた五線譜の上追い越した日々


交差していく三度を重ねここに響かせて──


歌う様に真っ直ぐに

歌の上を伸びていく

他には何も出来ない

時の全て預けながら


自由に解き放たれた

素直に駆け巡る指

終わり無きクレッシェンドは深く

誰かの元へ向かう


目の前に開かれた世界

繰り返す新しいプレリュード


88の夢物語、落とした休符、変わるハーモニー

静かにそっと整えた息.....在るべき形取り戻すまで


掻き消される三度を重ねここに響かせて──


歌う度に信じていた

歌の側を外れていく

インテンポで躓いて

縺れていく即興の中へ


引き返す道が消える

動かされる波が近く

失った声のメロディ

誰かの元へ向かう


目の前を閉ざしていく扉

悲しみは積み上げられたエチュード


意識もなく尖らせて

掴んだ肩振り切った

いつまでも忘れないで

歌う如く心のまま


ステージの端のピアニストへ──


生きる事


こんな歌の全て

提供: うたまっぷ