歌詞

ZERO

bird

作詞
bird
作曲
Monday Michiru

しらないことがある

どれほど

しらないフリする フリしたくなる

キライになれないから


ひきだしの色が

ふえだす

君とのしりとり そう それなりに響く

でも今はひとつ壁を消して


きもちいつもよりも ただ単純なこと

長くふれあっていたい

遠くかすむうわさ 悩める月の夜も

いっそ飲みこめたならば


みえないことがある

それほど

みえないフリする フリしたくなる

アメでもふればいいのに


大人びたまなざし

切り抜く

くり返し切り抜いて あざとくキスしてみる

でも今はひとつまぶたをなでて


きもちいつもよりも ただ単純なこと

長くふれあっていたい

遠くかすむうわさ 悩める月の夜も

いっそ飲みこめたならば


つまりはなれてても きっとそれだけのこと

長くはなしをしたい

いとしい横顔も まばたくこの先も

いっそ飲みこんでしまえたら


境界線をこえ

ゼロがあるあの場所へ

君の口癖まねて

つぶやいてみる たぐりよせてる


でも今はひとつ壁を消して


きもちいつもよりも ただ単純なこと

長くふれあっていたい

遠くかすむうわさ 悩める月の夜も

いっそ飲みこめたならば


つまりはなれてても きっとそれだけのこと

長くはなしをしたい

いとしい横顔も まばたくこの先も

いっそ飲みこんでしまえたなら

後戻りしなくてもうまく

届けることができるのなら

提供: うたまっぷ