歌詞

C'est la vie

SHAZNA

作詞
IZAM
作曲
A・O・I

眠れない恋を君に届けること 出来なくて

"愛してる"という事が 恥ずかしかったから

太陽が目覚め 風が僕の心吹きぬけたら

きっと そのとき言える様な気がするよ…


Pocketの中に破れかけたずっと前に渡すはずの手紙がある

そう僕は今だから言えるけど 電話が鳴るだけでいつもソワソワしてた


気の抜けたままの ソーダー水の様だった僕は

陽炎の中に心を盗まれて

恋物語は 僕の中でいつからか始まり

そして知らないうちに 想いは弾けた


始めて逢った君が可愛くて 恋の迷路から抜け出せないよ

今も…君のせいだから…

恋の確立は1/2 僕のこの気持ち伝えられたらいいな

月が 眠る前に…


かけ上がる坂道をどこまでも 君と僕の境界線越えたくて

瞬いている空を見上げては 祈っている子供だった僕の恋心


思いきってAh 君に想い伝えられたなら

笑顔の行方はいつか傾いてくるかも…

小さな期待と 大きな不安に挟まれたまま

何も言えずに 時間が君を遠ざけた


月のウサギを2人で見るのはいつになるんだろう

叶えられるといいな 僕の夢だから

だけどあと少し もう一歩が今だに怖くて踏み切れないよ

ずっと君を好きすぎて

あれからどのくらい経つのだろう?

ガラスの扉は閉まり始めているよ 早く伝えなきゃ

あてにならない星占いさえ 今はどうしても信じてしまう

君がいいのなら 朝も夜も抱きしめてたい…

提供: うたまっぷ