歌詞

風に乗る船

Salyu

作詞
小林武史
作曲
小林武史

涙の後には虹が出る

眼を閉じていたら 頬を伝った

体が少し縮むような

寂しさの井戸に涙が落ちた


あの日の出会いを忘れない

くすぐるようなオーラを放つ


誰かのために生きていること

知らずにいた あなたと会うまで

季節は変わり 置き去りみたいな

白い雲に 風船が重なった


いまはあなたにありがとう、って

やっといえるかな 積もる時間に

いつのまにか新芽が出たら

それに水をやり育てていこう


あの日の別れを忘れない

甘くせつない痛みとともに


あたしがここで生きてた事も

長い時に 消えてゆくけど

だけど空には 洗いたてみたいな

雨上がりに 色の橋が見えたら


涙の後には虹が出る

古そうな台詞も当たったりする


風に乗る船 どこまでいこう

明日はまだ見えないけれど

大丈夫かな まだいけるかな

大きな輪をかいて宇宙を

飛んでいけたなら あの日のふたりに

多分二度とあえないけれど

あたしの中で生きているから


雨上がりに虹の橋が見えるよ

提供: うたまっぷ