歌詞

SAKURA

松本孝弘

作詞
松本孝弘
作曲
松本孝弘

日々は穏やかに過ぎ

愛はささやく

揺れる未来の中に

君はもういない


好きでいることに 疑いもなく

夢も見ないように


SAKURA散る季節でした

寛容というのは 耐えることなの?

満たされてると 信じてた

僕は今も くりかえす


春の風 やわらかく

君はささやく

振り返りたくはないと

歩きはじめた


ただ側にいるだけで 何も見ないで

夢も聞かないで


うまれ変われたとしたら

君とふたり 生きてゆきたい

気付かないふりしていた

愛を言葉にできなかった


SAKURA散る季節でした

寛容というのは ゆたかさ 優しさ

うまれ変われたとしても

君とふたり 生きてゆきたい

めぐる想いは はかなくも

桜のようなひとでした

提供: うたまっぷ