歌詞

No rain,No rainbow

Aqua Timez

作詞
太志
作曲
太志

西陽を前に立ち上がる自由 東に伸びる孤独という影

気を抜くと悲しみが溢れ出す

無自覚に人を傷つけた頃のことを 償えぬままで


掌と膝を擦りむいて泣いた帰り道が 浮かんで消える

放課後の廊下で 好きな子とすれ違った時の きらめきが霞む


涙を落とすと 足元から虹が架かるような楽園に辿り着く

辿り着いた途端 ケータイのアラームが僕を現実に呼び戻す


時として人は 傷ついた分 傷つけようとするもの

時として人は 愛した分 愛されようとするもの

次から次へと 現実はただ 理想を 追い越して 未来へと進んでゆく


ひどく淋しい帰り道 人恋しさを連れて歩き続ける

道のあちこちに散らかる 小さないい訳に 爪先をぶつけながら 歩く

never too late遅すぎることはない その言葉を信じてみようか 難しく考えず

理屈の外側に やるべきことがある やり残したことがあるんだ


僕の今までの人生は決して 素晴らしいものではなかった

せめて今日からは光を歌おう 今ならまだ間に合うはず

綺麗で鮮やかな光じゃなくても 投げ出すよりはいい さぁ闇をくぐり抜けて


no rain, no rainbow 手を空にかざせ

晴れ渡る空に 祈りを奏でるように

提供: うたまっぷ