歌詞

MELANCHOLY

清春

作詞
清春
作曲
清春

意味の深さは底にあるだろう

会話が弾み、いずれ気付いた

ある時共鳴しよう、錯覚さえしよう

頬杖をついていた いつかより深く

狂うほど落ちる先を知らしめるほどに

答えを入れた箱は鍵をかけてある


時が経ったらそこにあるだろう

終わる覚悟は無意味だってね

願えば叶うなんて今日は忘れよう

だけどそれを言えたら、どこまでMELANCHOLY

夢は聞かないふりをしていてくれるよ

迷いを解いた後は永遠と呼べる


安らかに目覚めたら、君が心に浮かべた

遠い未来の涙を消してく


ひざまずいたら低く感じる?

口紅を引いた君を見上げる

ヴィオラが響いたら後に続く歌を待って

それを覚えられたらいつだって逢える


安らかに眠れたら、君の心に浮かべた

遠い昔の亡霊消して

安らかに忘れたら、君に傷跡を残した

遠い昔の涙を消してく


涙を、涙を消して

涙を、涙を消して

涙を、涙を消してく

提供: うたまっぷ