歌詞

Wall

平原綾香

作詞
松井五郎
作曲
HITVISION/小松清人

いつからかひとりで

壁を積み上げた

誰にも 悟られないまなざしで

枯れない花 育てようと


ここにいさえすれば

なにも失くさない

好きなものだけ集め

ずっと守られてる なのに


遠くに見えた

きりがない 雲の行方を探す

どうして どうして

苦しみながら 羽を広げてる


たわいない言葉も

深い傷になる

誰かを 愛そうとする強さは

越えられない 線も引く


流れが決めたこと

心が逆らう

自分がいる場所は

もっと ほかにもある ならば


どこかで響く

果てしない 風の音に 応えよう

どんなに どんなに

冷たい声が 混ざり聴こえても


ふれるまでは 認めない

いつでも すぐにないものを 疑う

その先に行ってみれば

次がわかる 次へ行ける


遠くに見えた

きりがない 雲の行方 探そう

どんなに どんなに

苦しみながら 羽を広げてでも

羽を広げてでも

提供: うたまっぷ