歌詞

藍色の夜風

KinKi Kids

作詞
Kenji UEDA
作曲
Akimitsu HONMA

まるでおとぎ話の

ランプの煙の様な

突然の恋だから

すぐにキスはできない


何度確かめても

やっぱり君が好きさ

友達でいられたら

きっと幸せだったろう


東京の空は夜中になっても

薄目を開けて二人に魔法かけたまま


藍色の夜風に

さらわれて僕ら何処へ行く

藍色の世界に

落ちて君にキスをした


まつ毛にいっぱい溜めた

涙があふれそうさ

あの頃は君だけに

幸せを与えて


立ち去るはずだった

涙こぼさぬ様に

うそぶいた僕だけど

君を求めはじめた


東京の月は滲むまなこで

眠りもせずに二人の魔法見とどける


藍色の夜風に

さらされて君と何処へ行く

藍色の世界に

落としてはじけた涙


後戻り出来ない

迷路の中で温め合う

愛を選んだから

恐れず君にキスした

提供: うたまっぷ