歌詞

DOWN TOWNラプソディー

EPO

作詞
EPO
作曲
EPO

涙の

DOWN TOWNラプソディー

唄えば 哀しい

街角に 風が吹く


港のあたりで出会った

あの人が唄ってくれた

メロディー


寂しさを

寂しさを

かかえきれない時には

派手好きなふりをして

踊る君の

胸はいつも 熱い嵐


別れた理由も無いほど

気まぐれな

恋の終わりだった


涙の

TOKYOラプソディー

唄えば 孤独な

街角に 夜が来る


近づく革靴の音に

なぜかしら

窓を開けてしまう


本当の

本当の

自分にめぐり会いたくて

地下鉄で旅をする

夢見たけど

とまる駅が ひとつも無くて


寂しさを

寂しさを

数えきれない時にも

いつかまた ある人に

恋をしても

あなたらしさ 忘れないで


港のあたりで出会った

あの人が唄ってくれた

メロディー

提供: うたまっぷ