歌詞

3年目

斉藤由貴

作詞
斉藤由貴
作曲
岡本朗

きれいねと言った 春だねと言った

一面の花 風に笑ってる


さしだす一束 大きな手の中

目をあげた向こう 風がきらめいた


2年前 何も知らない少女の私

だからただ 真白に微笑んだ

2年前 出逢いは何げなく

二人をつつみこんで 広い時の海へ

すべるようにこぎだした


寒いかと言った 寒いわと言った

つよい雨の日 抱きしめられた


1年前 かけだす心を とめるものはなく

息もつけない程に 夢中だった

1年前 それだけでみたされ

あたりまえのように この人だけを

見つめ続けると 決めていた


そして今 あなたの背中を見送りながら

めぐるのは何故か こんな場面ばかり

悲しいとかつらいとかじゃなく 人は皆誰も

変わってゆくと ちゃんとうけとめる

3年目…

提供: うたまっぷ