歌詞

青空のかけら

斉藤由貴

作詞
松本隆
作曲
亀井登志夫

青空のかけら

グラスへと浮かべ

ひと息に飲めば

真夏がしみてくる


海沿いのアスファルト

靴を脱ぎ歩く

陽炎のタップ・ダンス

生きてるって素敵


Ah ヨットの帆に書いたGood-Bye

Ah 気付く頃ね 怒るかしら

追いかけても もうIt's Too Late


Dancin' In The Sky 大丈夫

だけど哀しいステップね

Singin' In The Sky でも平気

わがままな娘とあきらめて


型紙の通りの(優しさの糸と)

女の子なんて(さよならの針で)

望んでも無理よ(想い出を縫うの)

はみだしてしまうわ


Ah 住所録の友達へと

Ah かたっぱしに電話しても

てがかりなど もうIt's Too Late


Dancin' In The Sky 何処 行くの?

長距離バスの停留所よ

Singin' In The Sky 孤独より

長いハイウェイ走るのね


Ah 人一倍不幸なのは

Ah 人の二倍いつの日にか

幸福が欲しいから


Dancin' In The Sky 大丈夫

光のシャワー浴びながら

Singin' In The Sky 一歩ずつ

違う未来を探すのよ

提供: うたまっぷ