歌詞

恋にやぶれた花火の後に

織田裕二

作詞
織田裕二
作曲
織田裕二/井上慎二郎

夏が終わる頃に 君のアドレス帳から

僕の名前が消えていた・・・・・・なぜなの


いつからか視線が 僕をすり抜けてゆく

そんなことさえ 僕は気づきもしないね


火傷しそうな 夜の砂の上で

抱きあった あの日のふたり

なぜに泣いてた 君のうしろ姿

今も胸に残っている


恋にやぶれた花火の後に

君へのぬれた想いを 胸に抱いて眠れば

声にならない 涙の数だけ

君からもらった元気 きっと忘れないから


店でバイトしてた 君の笑顔まぶしくて

いらないはずの コーヒーを頼んだ


少しずつ視線が 僕と重なってきて

やわらかな手に そっとふれた寒い夜


時が止まれば 白い雪の上で

始めて キスしたねふたり

破裂しそうな 胸の高まりさえ

今も心に響いてる


恋にやぶれた花火の後に

飾らぬ君の笑顔を 胸に抱いて眠れば

何処へ流れる 星くずのかけらを

このまま夜空の果てへ 飛ばしてしまいたくて


恋にやぶれた花火の後に

あらたな出会いの中で 時は流れゆくけど

恋にやぶれた涙の数だけ

君からもらった元気 きっと忘れないから

提供: うたまっぷ