歌詞

クローバー(album ver.)

東京60WATTS

作詞
大川毅
作曲
杉浦琢雄

風はそっと僕の退屈を優しく運んで

陽のあたる斜面に寝転んでひとやすみ

いくらあったって時間が足らなかったふたりに

今この瞬間を少し分けてあげたいな


色づいた季節がやけにまぶしくって

僕の手のひらでくるくる回ってから回るよ


単純な言葉ほどいっぱいの気持ちがつまってるんだ

ちょっとだけ悲しくてまだうまく言えないけど

だんだん遠くなってゆくそのうちにやっと気づいたんだ

ずっとこれから君とあんな風に笑えないんだねクローバー


ひとつめは君でふたつめは僕でみっつそろえば幸せで

それだけで十分さ もうひとつは探していこう


はだしにスニーカーで土手を転がり落ちて

君の手の鳴るほうへかけ上がって息切らして


大切なことは全部手に入れようって欲張らないことさ

きっとあとひとつ足りないくらいがよかったんだねクローバー


風に吹かれて舞い上がれ君はクローバー ずっと元気で笑っていてくれますように


簡単に散らかっていく部屋のすみっこにうもれてたんだ

ほっとかれてしおれそうな ふたりの探してたクローバー

だんだん遠くなってゆくそのうちにやっと気づいたんだ

ずっとこれから君とあんな風に笑えないんだね

だんだん遠ざかってゆく今ほんとに思ってるんだ

ずっとこれから君の幸せを願うんだろクローバー

提供: うたまっぷ