歌詞

NANIWA

ET-KING

作詞
ET-KING
作曲
TENN/イトキン

<KLUTCH>

さぁさぁ皆夜明けだ 騒げ宴の幕開けだ

降り立ったこの地は何だかとっても騒々しい

振り返ればおっ立つ通天閣

この出会いまさに偶然なる

奇跡のごとく伝統継承 汽笛轟く列島振動

粋な台風巻き起こす 七つの魂もっと勇ましく

一切合切まとめて粉砕 笑いが存在いなせな商売

水の都に西日降り注ぐ


<センコウ>

沸かせ 風火の如く震わすこの場

掲げ 両手を天の遥か向こうに

朱に交わりしなにわ天国

曉の地より踏み出す一歩 二歩 三歩

太陽日本 集う高みただし天辺

北 南 東 西 四方から一点 ここが原点

旅立つ交わる固い結束が説く 我らと共に行くぞ

天から地から火から合わさり 生まれし言葉でいざ参らん


西から登った太陽 日出ずる大国なにわ パンパン

向かい風吹くけど追い風変えて金色御国 順風満帆

西から繰り出す五人の銀球言葉を詰めて鉄砲 パンパン

皆々様様 さらなる発展 お手を拝借 よう パンパン


<TENN>

ようお待ちどう感じろ音に乗かった 言葉の威力と魅力

使うは漢字カタカナひらがな 各々感じ方から違うな

人から人橋渡しで端から端まで 届くまで腕伸ばし

そう太陽の光浴びて 心にぐっと芯をもって

迷わず振り返らず怖れず ひたすら己で定め道を進め

今こそ真っ直ぐさあ行けカッケー指す後光ならこっちの方

島国日本 黄金列島 大阪なにわ アジア


西から登った太陽 日出ずる大国なにわ パンパン

向かい風吹くけど追い風変えて金色御国 順風満帆

西から繰り出す五人の銀球言葉を詰めて鉄砲 パンパン

皆々様々 さらなる発展 お手を拝借 よう パンパン


<BUCCI>

孔子曰くもうしばらくばらまく 思考を試行錯誤する昨今

向日葵の種を育てる訳を 誰がどこで教えてくれた

上へ伸びる花びら満開 アジアを見んかい

向かい風に立ち向かって

未だがんじがらめの価値観と時間

目がワッとするような 俺等の力は未知 それがET

届けるなにわの意地 切り開く道 一本の光に向かう俺達

黄色い花を咲かせた訳を 日本なにわが教えてくれた


<イトキン>

総本山 なにわ 総動員の仲間

我を男子に鍛えしものは 粋な街角なにわの荒野

踊ろうや 今夜 我を忘れて

泣いて 笑って 手に手をとって

踊らずにいられるかこの音で 銀球には5発の弾を込めて

韻も閉じ込めて愛も込めて 胸を張って生きようや日の本で

俺たちのカラーはイエローだから どんな時にも闇照らすから


西から登った太陽 日出ずる大国なにわ パンパン

向かい風吹くけど追い風変えて金色御国 順風満帆

西から繰り出す五人の銀球言葉を詰めて鉄砲 パンパン

皆々様々 さらなる発展 お手を拝借 よう パンパン

提供: うたまっぷ