歌詞

Rimbaud(ランボオ)

原由子

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐

恋人のように無邪気なランボオ

今も私の胸で舞う


熱い愛撫のMagic 揺れるWonder dream

遊ばれたり 替わる替わる 口元へ

恋という名のTragic 雨のBasha-Street

彼のいないむなしい夜がまたひとつ


燃える瞳でささやいてくれた

My Funny Lover

遠いしじまの彼方へ

もっと抱きしめて欲しい

しびれる程 その胸で

言葉じゃなく 思いきり


恋人のように無邪気なランボオ

時間よお願いだから Stop!


港の灯が消え 夜も萎える

思い出すは 彼がくれた甘い日々

夢でもし逢えりゃ味わうように

前より少し細いくらいの肩を


つらい思いをさせた私もいけないようね

悪い女と言わずに

そっと口づけて欲しい

からまるように 身体中

心まで綺麗になる


恋人のように無邪気なランボオ

男と女のボサノバ Stop!

提供: うたまっぷ