歌詞

ためいきのベルが鳴るとき

原由子

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐

あれから幾つもの淋し気な夢ばかりを見る

乾いた胸をなぞる風が熱い夏を告げる


大切な言葉をくれるならさよならでもいい

出逢った店の奥に残る あなただけの香り


ためいきのベルが お別れのしらべ

今宵もまた雨に濡れ 夜を抱きしめて

甘く揺れる ためらいがちな恋に震えた


弱すぎたばかりに 待ちわびるのは慣れてただけ

届いた波の音に 二人だけの夏が終わる


優しさに負けて愛しくて涙

お互いに若すぎると 気づかないままに

いつの頃か 浮気な風のせいにしていた

うつろいがちな時間(とき)を見つめて


遠くなれば無邪気な空いつかそこに戻れたら


ためいきのベルは 黄昏の合図

よく似た他人(ひと)を見るたび明日は遠ざかる

忘れられぬ 夕やみ迫る海が泣いてる

せつなさだけの恋にお別れ


Ringin' a bell

Just seems to tell

What's in my heart


Ringin' a bell

Just seems to tell

What's in my heart


Ringin' a bell

What's in my heart

Ringin' a bell

提供: うたまっぷ