歌詞

とまどい ~back to the summer version~

広末涼子

作詞
竹内まりや
作曲
竹内まりや

派手なケンカ できるくらい

何でも話せたふたり

だけどなぜか近頃は

目に見えない 距離がある

幼なじみの あなたがとても

まぶしく映る 急に大人びた横顔

笑い合った 夏休みに

できるならば また戻って

ためらうことなく その手を

つないで歩きたい


電話くれる 数が減って

たまに会っても 気まずい

いつからなの そんな風に

言葉選んで話すくせ

悩み事や 未来の夢を

語ってくれた 昨日が遠く懐かしい

恋をしても 忘れないで

できるならば 時を止めて

あどけないままのふたりで

永遠にいたいの


笑い合った 夏休みに

できるならば また戻って

ためらうことなく その手を

つないで歩きたい

I wish you could still be my best friend.

提供: うたまっぷ