歌詞

Mothership

SILVA

作詞
SILVA
作曲
SILVA

沈んだベットで 髪をなで回す

眠りに君誘う この手はなつかしいママの匂い


子守歌ささやくから

夢見るなら 指をくわえて


いつだって 片手におもちゃを

遊んでて この手の平の上で


抱かれるより 抱きたい

大地より 優しく 強く

体より 心 先に

あずけて 夜が明けるまで


こぼしたわがまま 拾って食べてしまうわ

涙はそっと舐めて パスタに混ぜてあげる


おいたして はにかんで 懲りない 甘え上手

お腹空いた時の口癖 胸を熱くさせる

お願い事は全部 私だけに叶えさせて


いつだって 子供の振りして

少し早い ママの真似事をさせて


守られるより 守りたい

風より ぬるく 早く

たとえ この身が君より

小さくて 弱いものとしても


いつだって 君は恋のままね

私はもう 愛なのに


見つめられるより 見つめたい

月より 冷たく 永く

影より 光だけを

集めて ふたりを照らしてた


抱かれるより 抱きたい

いつまでも 優しく 強く

美しいより 可愛くいさせて

夜が明けるまで

提供: うたまっぷ