歌詞

Almost Love

SILVA

作詞
SILVA
作曲
黒羽康司

朝陽の中で 枕に顔を埋めながら

手探りしてた ふたりの恋の行方のこと

髪の香 湿った肌の感じもそっと

溶け出すたび 胸が騒いでく

形のない 愛がシーツに揺れた


震える薬指を噛んで 交わした約束を数えた

嘘つきな唇を 舐めながら頬ばる

煮詰められてく 幸せに気付かない振りして


君へと続く 赤い色のらせんの糸は

目隠しされた みつばちが花を探すようで

群がるのは 罪な手の平の上できっと

焦る胸が 遠い夢見せる

偽りのない 愛がどこかにあると


震える指先でなぞった あてどない孤独を

欲しがる口づけを 君はそっとあやした

忍び込んでくる 幸せに気付かない振りして


やるせなさと 喜びを隣り合わせに

近づいた 永遠を感じていたい


震える薬指を噛んで 交わした約束を数えた

嘘つきな唇を 舐めながら頬ばる


震える指先でなぞった あてどない孤独を

口づけを あやした

忍び込んでくる 幸せに気付かない振りして

提供: うたまっぷ