歌詞

morning prayer

SILVA

作詞
SILVA
作曲
朝本浩文

ゆうべ 投げた 汚い言葉は

目覚めるまでにベッドで 温めて


忘れる 悲しいのは

強さに追いつくために

愛しさに 少し ただ嘘をつく


頼りない点の上を つないでく線のように

立ち止まっては 駆け出しては 想いを重ねて

つま先立ちで 歩くわ ふたりの夢の続きを

笑った分も 泣いた分も リズムを合わせて あの朝陽に


なめた傷は しみては 乾いて

おどけた顔に 今日が始まるの


あなたは 油断してて

あたしは おしゃれをするから

かみすぎた ガムに ならないように


惹かれ合う点の上を 馴れ合いを嫌いながら

追いかけたり 追い越したり 想いかみしめて

つま先立ちでうたうわ ふたりの夢の行方を

気まぐれな振り 甘えたふり だけど信じた あの朝陽を


この恋に身を投げて 落ちてゆくとき

あたしの目は閉じてるかしら

開いてるかしら


頼りない点の上を つないでく線のように

立ち止まっては 駆け出しては 想いを重ねて

つま先立ちで 歩くわ ふたりの夢の続きを

笑った分も 泣いた分も リズムを合わせて あの朝陽に


惹かれ合う点の上を 馴れ合いを嫌いながら

追いかけたり 追い越したり 想いかみしめて

つま先立ちで うたうわ ふたりの夢の行方を

気まぐれな振り 甘えたふり だけど信じた あの朝陽を

提供: うたまっぷ