歌詞

ハッピーエンド

SILVA

作詞
SILVA
作曲
筒美京平

ただ、あなたに愛されていられたあの頃の あたしに戻して

こころの深くてやわらかいところがね きゅっときしんでたの


ねえ 初めてキスした日のこと 思い出せるでしょ

でも 恋の始まりは長くは続かないみたい


手のひらに伝わる 微熱を信じてたの 明け方の約束

ひりひりするほどに 傷つけ合ってた

まだ 幼い翼で永遠に飛べること信じていたのに


何故、繋いだあなたの指先を 擦り抜ける 求め合えた日々

「寝てたの?」 なんてあなたの声覚えてる 何もかも全てね


まだ、塗り残した絵のような空 見つめ続けてる

不思議 瞬きが要らないの街も 過去も華やいで


あなたを愛してたあたしに恋してたの 偽りの約束

泣き叫ぶ心を 包み隠していたの

飛べない翼で 永遠に引き裂かれたのに バカだね


頬かすめる光の粒のように 砕け散る待ち焦がれたこと

あなたに出逢えるその前の 17のあたしに帰りたい


今 夢見ることをやめないでね 繰り返す 悲しみの果てで

おおきな翼で羽ばたいて 辿り着く 愛される悦び

提供: うたまっぷ