歌詞

指切りげんまん

RADWIMPS

作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎

忘れないように僕は笑うけど それだけじゃ足りないから

小指と小指で誓い合ってはいつもの歌歌うんだ


だけどそのたび胸が痛むのを僕は少し気付いてた

顔に出ないようにまた笑うけど 気付かれてはいないかな


歌い終わったその時に

未来のデジャブ顔を出す


『あの時君のその小指は 僕になんて誓ったんだい?』

『あの時僕のこの小指は 君になんて誓ったんだい?』


約束交わすたびに分かってた 君は少し遠くなる

この距離また縮めたくなっては約束を積み上げてく


そうやって 約束して また破って 疑って

遠くなって 繰り返して そんな約束なんて


二人のうちどちらかを嘘つきにするための

ものならばそんなものはいらないよ


きっと大丈夫 二人なら

未来のデジャブいないいないばぁ


あの時僕のこの小指は 君をなんで疑ったんだい?

あの時僕のこの小指は 君になんでビビったんだい?

あの時君のその小指は 僕になんて誓ったんだい?

そんなことはもう言いたくない 君にだって言わせやしない


小指は指切りのためじゃない 誓いは交わし合うもんじゃない


お互いの胸の内にそっと

提供: うたまっぷ