歌詞

始まりのヒト

ナチュラルハイ

作詞
大嶽香子
作曲
大嶽香子

ねえ 忘れないよ あなたのこと 他の人を好きになった

今でもまだ うしろめたく思い出してる


ねえ 忘れないよ グラウンドの隅にあった 青いベンチ

二人の名を刻み込んで 振り返るあなたを


ただ幼すぎて つないだ手 汗ばんでも はなせなかったね


10年経っても何も変わらない 想いが不意によみがえる

あんなに苦しい 恋はもうしてない なんでだろう 泣きたくなる

卒業アルバムの最後のページに 小さく残したメッセージ

30年後も誰よりあなたを この胸は覚えてるから


ねえ 忘れないよ 世界地図に落書きした 二人の国

子供じみた 約束だね 笑ってしまうよ


あの教科書に つめ込んだ 思い出がぽろぽろ落ちた


10年経ったら 何もかも変わり 二人は会うこともなくて

忙しい日々に身を任せてる なんでだろう 泣きたくなる

淡い恋だった それでもよかった 小さく震えた胸の奥

30年後も誰よりあなたを この胸で覚えてるから


いったい何のために私たちは今を 追われるように生きているの?

誰の為でもなく 確かめる術もない

だけど信じたいよ いつかわかるって いつか届くって

これでよかったと言い切れる時が来ると


卒業アルバムの最後のページにもう一つ残したメッセージ

30年後もあなたはあなたで 私には始まりのヒト

提供: うたまっぷ