歌詞

SEVEN YEARS AFTER

デーモン小暮

作詞
富田京子
作曲
奥居香

駆け登る坂道 息をきらしてる この角を曲がればあの部屋が見える

隣のペンキの落書きまで すべてが昔どおり


悲しい思い出が止まらない夜は 出逢ったことさえ うらんでみたりした

心がだんだんスピード上げて 眩しく開いた


時間の風が恋のキズを 白く染めて 甘く優しく変える

あの時ひとり空へ投げた 銀のリング 今 星になって消えた


擦りきれた帽子を深くかぶったら 二人でいた頃の子供じみた顔

やきもち やせっぽちのわがまま いつでも怒らせたね


今恋をしてるし幸せだけれど あんなに傷つけ合う恋はもうできない

強気な笑顔が好きだった 今頃気づいた


失くした時は決して二度と 戻らないの だからいちばん光る

こんなに遠く離れた今も すごい日々は 胸で輝くの熱く


時間の風が恋のキズを 白く染めて 甘く優しく変える

あなたに逢えてよかった 今はそう思うの

この青い空の下で

抱きしめたい あの日の全部を 強く

提供: うたまっぷ