歌詞

千鶴

ガゼット

作詞
流鬼.
作曲
the GazettE

あなたの手紙には読めない字だけ

会ってその口から聞かせて欲しい


慣れない白は苦手 吐息さえ響く

空の色さえ知れたら救われるのに

上手く出来ぬ呼吸もいつか忘れない

そう願える強さも干涸びそうで


「うつ伏せの明日」歌えば 棘を伝う睡眠

身体に絡ませられたRestraint

Even the mind seems to sleep

頬に触れた熱はとても懐かしく優しい

朦朧の狭間で見た影 暖色の夢


あなたに映る私の目が

あなたを見失う日が来ても

この目に焼き付いてくれている

木洩れ陽の日々とあなたは

連れて行かないで


滲む白が揺れる

言葉も忘れそう

涙は流れて何処へ行くの

私の名前を呼んで

砕けるくらい抱いて

これ以上失うのは怖い


あなたは何処で私の事歌っているの

耳をすましても響くのは不安定な鼓動

頬に残ってたはずの熱が思い出せない

朦朧の狭間で見たのは 寒色の現実


千羽のとても小さな

あなたの願いに寄り添って

笑顔も返せずにただ

吐息を数えていた記憶の最期に…

あなたの声が聞こえて

全てを無くした朝

『一つになれぬ二人』

提供: うたまっぷ