歌詞

雲に乗って

三枝夕夏 IN db

作詞
三枝夕夏
作曲
三枝夕夏

どんな時間(とき)も かけがえのない 愛信じ

どんな季節(とき)も つながってる 未来に


特別な想い出より

何気ないしぐさに惹かれてる

ただ会いたくて

言葉にしなきゃ不安だよ

どんなにきつく抱き合ったって

ひとつになんてなれないし

気持ちは形に出来ないし

ねぇねぇ、

忙しい時ほど会いたくなるのは何でだろう?

今日の答えが明日は違うとしても

二人は変わらずに 一瞬も永遠も

ずっと見つめてたい

愛してたい 夢みてたい 信じてたい……


やわらかな 雲に乗って

今日は 君をずっと感じてる

流れ出す 甘い雲に乗って

君はどこにいるの


振り返ると何もない空なのに

嗚呼 懐かしいのよ

やさしい君の笑顔 そっと揺れてる


どんな時間(とき)も かけがえのない 愛信じ

どんな季節(とき)も つながってる 未来に


抱きしめてくれる

ぬくもりは遠い空の下

今ここは独りビルの下

約束 交わした あの日のキス

ふたり 感じた 信じる愛

愛しい 君を苦しめるもの

世界(ここ)から全部なくしたい

ねぇねぇ、

いつもより長めの電話も嬉しいけど

ホントは 毎日

1分でもいいから君に会いたいし

ホントは 毎日

ひと言でもいいから声を聴きたい

笑いたい そばにいたい 胸が痛い


黄昏時に 雲にのって

胸の奥 君が押し寄せる

気まぐれな 熱い雲にのって

君はどこにいるの


儚い陽炎のように

ゆらゆら揺れては消えてゆく記憶

一番大切なもの 見失わぬように

新しい未来に

提供: うたまっぷ